企業の目的を持とう!社員研修の定義付け

社員研修はただ行うだけでは意味がない

社員研修は社員の職務に対する知識や技術などのスキルアップを目指す意味で行われているほか、新人研修などの場合は社会人としてのマナーを身につけるという意味で実践されている場合が多いです。
ただここで注意しておかなければいけないのが、社員研修を行う会社としての目的や意味だとされています。スキルアップやマナー研修も会社としての目的や意味としては大切ですが、それ以外にも何のためにスキルアップやマナー研修を行うのか、その社員研修は会社にとってどのような意味を持つのかを考える必要があります。
単純にやった方がいいからと特に目的や意味もなく行われた社員研修は結果的に身につかないものが多いので、まずは社員研修を行う目的や意味を会社全体で考えることが大切なのです。

社員研修の定義づけを行う必要性

社員研修の目的や意味を考えるのと同時に必要とされているのが、社員研修の定義づけです。定義づけとは曖昧なニュアンスの言葉を明確に説明するためのものであり、社員研修の場合は社員の何に対して研修を行うのか、そもそも何のための研修なのかを明確にするという意味を持ちます。
これは会社が考えるべき目的や意味と似ている部分ではありますが、そちらとはまた切り離して考える必要があると言われているのです。そうすることで社員研修そのものを何のために行わなければいけないのか明確にすることができるので、これまで行っていた社員研修が必要なものであったのかどうかを改めて考えるきっかけにできます。
そうして会社にとって必要な社員研修が何なのかを選別していくことが、結果的に社員の意識改革にもつながっていくとされています。